ディスク式中耕培土機の作業性能と大豆栽培への影響(1)

ディスク式中耕培土機の作業性能と大豆栽培への影響(1)

レコードナンバー831071論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015065NACSIS書誌IDAN00200470
論文副題作業能率,所要動力と燃料消費量のロータリ式中耕機との比較
著者名後藤 隆志
手島 司
藤井 幸人
長澤 教夫
大西 正洋
遠藤 準
越智 健市
鋤柄 忠良
書誌名農業機械學會誌
別誌名Journal of the Japanese Society of Agricultural Machinery
農業機械学会誌
Journal of the Society of Agricultural Machinery
Journal of the Society of Agricultural Machinery, Japan
発行元農業機械學會
巻号,ページ74巻・ 2号, p.123-130(2012-03)ISSN02852543
全文表示PDFファイル (5309KB) 
抄録わが国において中耕培土作業に広く利用されているロータリ式中耕機の問題点として,湿潤土壌時に土を練ること,作業速度が遅いことがある。これらの問題を改善するため,前後に設けた2対のディスクが作物条間を通過する際に土壌の抵抗で回転し,土を横に反転移動させることにより中耕培土を行うディスク式中耕培土機(開発機)を開発した。作業能率,所要動力および燃料消費量に関するロータリ式中耕機(対照機)との比較試験を行い,(1)作業速度を開発機で1.2m/s,対照機で0.65m/sに設定して試験した結果,開発機のほ場作業量は72~95a/hであり,対照機の1.7~1.9倍であること,(2)常用作業速度(開発機が1.0~1.6m/s,対照機が0.5~0.8m/s)同士で比較すると,対照機に比べ開発機は機関所要動力が概ね同程度,機関所要エネルギと燃料消費量が概ね1/2程度であることなどが明らかになった。
索引語開発機;対照機;燃料消費量;ロータリ式中耕機;ディスク式中耕培土機;土;所要動力;比較;作業能率;作業速度
引用文献数10
登録日2013年10月08日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat