スギ・ヒノキ人工林の針広混交林化を目的とした抜き伐り後4年間の下層植生の動態

スギ・ヒノキ人工林の針広混交林化を目的とした抜き伐り後4年間の下層植生の動態

レコードナンバー831116論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20034662NACSIS書誌IDAA12330347
著者名近藤 晃
加藤 徹
書誌名静岡県農林技術研究所研究報告 = Bulletin of the Shizuoka Research Institute of Agriculture and Forestry
発行元静岡県農林技術研究所
巻号,ページ5号, p.65-71(2012-02)ISSN18828264
全文表示PDFファイル (438KB) 
抄録下層植生の回復程度は調査地により著しく異なり,回復の良好な調査地でも植被率の増加は施行3年目以降に現れる林分が多かった。植被率が短期的に増加する林分では,先駆樹種が侵入,繁茂し優占することが認められた。植被率と下層植生量との間には相関が認められ,植被率は下層植生量の推定に有効であると考えられた。一方、抜き伐り後の開空度や伐り捨てされた伐倒木による林床被覆が下層植生の回復に影響することは少ないと推測された。
索引語植被率;下層植生;回復;調査地;増加;林分;下層植生量;スギ;ヒノキ人工林;針広混交林化
引用文献数14
登録日2013年10月08日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat