愛知県の多様な栽培環境におけるダイズほ場のクモ類

愛知県の多様な栽培環境におけるダイズほ場のクモ類

レコードナンバー831185論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00013985NACSIS書誌IDAN00381852
著者名落合 幾美
西本 浩之
書誌名愛知県農業総合試験場研究報告 = Research bulletin of the Aichi-ken Agricultural Research Center
別誌名Research bulletin of the Aichi Agricultural Research Center
発行元愛知県農業総合試験場
巻号,ページ43号, p.7-15(2011-12)ISSN03887995
全文表示PDFファイル (665KB) 
抄録愛知県内のダイズほ場におけるスィーピングおよびピットフォール・トラップを用いた調査の結果、2008~2010年の3年間に11科33種のクモ類を記録したが水田と比較して個体数は少なく、ダイズほ場は、イネ・ムギとの輪作、中耕・培土、一時的な湛水などによりクモ類の生息場所としては安定していないと考えられた。スィーピングで特に多かったヤホシサヤヒメグモとトガリアシナガグモ、ピットフォール・トラップで最も多かったキクヅキコモリグモは、いずれも水田に多く生息する種であり、周辺に水田が多いダイズほ場において有用な天敵として機能していると考えられた。各調査ほ場における農薬の施用、ダイズ生育、栽培管理等の各栽培環境要因とクモ類個体数、また、栽培環境の総合評価とクモ類個体数に強い相関は認められなかった(R2=0.0907)。
索引語ダイズほ場;クモ類;クモ類個体数;水田;栽培環境;ピットフォール;トラップ;個体数;スィーピング;キクヅキコモリグモ
引用文献数9
登録日2013年10月08日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat