イチゴ促成栽培における花粉稔性及び奇形果発生の品種間差異

イチゴ促成栽培における花粉稔性及び奇形果発生の品種間差異

レコードナンバー831188論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00013985NACSIS書誌IDAN00381852
著者名樋江井 清隆
Sakakibara M.
書誌名愛知県農業総合試験場研究報告 = Research bulletin of the Aichi-ken Agricultural Research Center
別誌名Research bulletin of the Aichi Agricultural Research Center
発行元愛知県農業総合試験場
巻号,ページ43号, p.33-39(2011-12)ISSN03887995
全文表示PDFファイル (554KB) 
抄録イチゴ促成栽培では、一部の品種に奇形果が発生する。現在、国内で普及している一季成り性の6品種を用い、花粉稔性、奇形果発生程度及びその因果関係について検討した。供試品種は「ゆめのか」、「とちおとめ」、「章姫」、「さがほのか」、「熊研い548」(以下「ひのしずく」)及び「やよいひめ」とした。花粉稔性の指標には花粉発芽率を用いた。1. 加温(5℃確保)条件下における花粉発芽率は1~2月に低下し、「ゆめのか」及び「とちおとめ」では10%以下、その他の品種では20%前後を示した。2. 加温条件及び無加温条件における花粉稔性を調査した結果、無加温条件下で得た花粉は、いずれの品種においても加温条件下で得た花粉と同様な発芽率であった。3. 1月にミツバチで受粉した果実は、「ひのしずく」及び「やよいひめ」で不受精による奇形果が多発した。一方、花粉稔性が著しく低かった「ゆめのか」及び「とちおとめ」では、それらの品種より奇形果が少なかった。4. 1月及び3月に自家受粉して果実を調査した結果、花粉稔性と奇形果発生程度との間に相関は認められなかった。
索引語花粉稔性;ゆめのか;とちおとめ;品種;ひのしずく;やよいひめ;奇形果;花粉;イチゴ促成栽培;奇形果発生程度
引用文献数14
登録日2013年10月08日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat