犬ジステンパー脳炎の診断におけるリファレンス抗体測定の有用性

犬ジステンパー脳炎の診断におけるリファレンス抗体測定の有用性

レコードナンバー831246論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014801NACSIS書誌IDAN00191857
著者名相馬 武久
植村 隆司
中本 裕也
長谷 生子
小澤 剛
書誌名日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association
発行元日本獸医師会
巻号,ページ65巻・ 3号, p.216-220(2012-03)ISSN04466454
全文表示PDFファイル (392KB) 
抄録犬ジステンパー脳炎(CDE)を血清学的に診断する際の脳脊髄液への血液成分混入の指標(リファレンス抗体)として犬パルボウイルス抗体と犬アデノウイルス抗体の測定の有用性を検討した。両抗体の血清中力価/脳脊髄液中力価(S/C)値の比は検討した30頭すべて測定誤差の許容範囲内(2:1,1:1又は1:2)であり,どちらの抗体を指標としても同様な成績が得られることが示された。CDEの診断基準である犬ジステンパーウイルス(CDV)抗体のS/C値<256を示した神経症例29頭中1頭だけがCDV抗体のS/C値がリファレンス抗体のそれに比べて低く(1:8),CDEと診断されたが,残りの28頭の両抗体のS/C値の比は誤差範囲内で診断は成立しなかった。このことはCDEの診断に際しCDV抗体だけでは誤診を招く危険性があることを示すものである。
索引語診断;抗体;CDE;C値;犬ジステンパー脳炎;有用性;指標;リファレンス抗体;検討;両抗体
引用文献数14
登録日2013年10月08日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat