SSRマーカーによる西日本から分離されたイネいもち病菌の多様性と集団解析

SSRマーカーによる西日本から分離されたイネいもち病菌の多様性と集団解析

レコードナンバー831264論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014149NACSIS書誌IDAN0019269X
著者名鈴木 文彦
藤 晋一
古場 文子
中島 隆
荒井 治喜
書誌名日本植物病理學會報 = Annals of the Phytopathological Society of Japan
別誌名Japanese journal of phytopathology
日本植物病理学会報
発行元日本植物病理學會
巻号,ページ78巻・ 1号, p.10-17(2012-02)ISSN00319473
全文表示PDFファイル (622KB) 
抄録日本産のイネいもち病菌を標的に選抜した12種類のSSRマーカーについて,4マーカーずつ3セットのマルチプレックスPCRを開発した。2001年に西日本の16県から採集されたいもち病菌について,12種類のSSRマーカーを用いて遺伝的多様性と集団構造を解析した。供試した293菌株からは,265のハプロタイプが検出され,マーカーあたりのアリル数は2から36(平均14.3)となり,きわめて高い遺伝的多様性が観察された。次に,10県におけるペアワイズF STを算出した結果,0.002から0.275の範囲の値を示し,集団分化のレベルが県間で大きく異なることが明らかになった。Mantel testを実施した結果,遺伝的距離と地理的距離(69~539km)との間に有意な相関が認められた(r2=0.224,P=0.004)。これらの結果から,隣接する県間では活発な胞子飛散や種子の移動などによって遺伝子流動が大きい一方で,離れた県間では,それらが制限されていることが推察された。以上より,選抜したSSRマーカーは,いもち病菌の集団遺伝学的研究に有用であることが示された。
索引語SSRマーカー;いもち病菌;結果;県間;西日本;イネいもち病菌;選抜;マルチプレックスPCR;用いて遺伝的多様性;供試
引用文献数27
登録日2013年10月08日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat