判別・定量のための蛍光指紋フィルタ設計法とその食品評価への適用

判別・定量のための蛍光指紋フィルタ設計法とその食品評価への適用

レコードナンバー831270論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00012295NACSIS書誌IDAN10467499
論文副題ヨーグルトのリボフラビン含量推定を例に
著者名蔦 瑞樹
中内 茂樹
西野 顕
杉山 純一
書誌名日本食品科学工学会誌
別誌名日本食品科学工学会誌
発行元日本食品科学工学会
巻号,ページ59巻・ 3号, p.139-145(2012-03)ISSN1341027X
全文表示PDFファイル (595KB) 
抄録本研究では,2次元データである分光スペクトルを対象とした分光フィルタ設計法を応用し,かつそれを3次元データにも適用できるように拡張することにより,蛍光指紋の膨大な情報量を活かしつつ,計測波長条件数ごく少数に絞り,なおかつ高精度な定性・定量分析を行う蛍光指紋フィルタ設計法を提唱した。また本手法をYogurt multi-way fluorescence dataに適用したところ,計測波長条件数を元の225から18または22に減らしつつ,蛍光指紋解析の従来法であるPartial Least Squares Regressionよりも高精度にリボフラビン含量を推定可能であることが明らかとなった。今後は,本手法を蛍光指紋の新しい解析法として活用していくこと,また本手法に基づいて実際に干渉フィルタを設計し,簡易分光蛍光測定システムや蛍光指紋イメージングに応用していくことが期待される。
索引語適用;本手法;蛍光指紋フィルタ設計法;蛍光指紋;応用;元;蛍光指紋イメージング;判別;定量;食品評価
引用文献数32
登録日2013年10月08日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat