音響手法を用いた来留見ノ瀬周辺におけるガラモ場の分布推定

音響手法を用いた来留見ノ瀬周辺におけるガラモ場の分布推定

レコードナンバー831283論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20005660NACSIS書誌IDAN00193422
著者名南 憲吏
濱野 明
東条 斉興
中村 武史
安間 洋樹
宮下 和士
書誌名日本水産學會誌
別誌名Nippon suisan gakkaishi
NSUGAF
日本水産学会誌
発行元日本水産學會
巻号,ページ78巻・ 2号, p.171-179(2012-03)ISSN00215392
全文表示PDFファイル (792KB) 
抄録山口県来留見ノ瀬のガラモ場は,周辺の沿岸生態系において重要であり分布の把握が求められている。本研究は,音響手法により同海域(12km2)のガラモ場の分布推定を試みた。推定されたガラモ場は,来留見ノ瀬から北西および南南東の方向に分布し,総面積は1.94km2(高さ0.50~2.24m)であった。特に南南東の領域の内側は繁茂しており,沿岸生態系における重要性が高いと考えられた。本手法は分布推定の有効な手段であり,現存量の広域評価なども今後に期待できると考えられた。
索引語ガラモ場;分布推定;音響手法;ノ瀬;沿岸生態系;南南東;推定;分布;ノ瀬周辺;周辺
引用文献数37
登録日2013年10月08日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat