干潟の炭素・窒素循環におけるスナガニ類の役割

干潟の炭素・窒素循環におけるスナガニ類の役割

レコードナンバー831289論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20005660NACSIS書誌IDAN00193422
著者名大園 隆仁
三浦 知之
書誌名日本水産學會誌
別誌名Nippon suisan gakkaishi
NSUGAF
日本水産学会誌
発行元日本水産學會
巻号,ページ78巻・ 2号, p.220-229(2012-03)ISSN00215392
全文表示PDFファイル (652KB) 
抄録宮崎港一ツ葉入り江でスナガニ類の炭素・窒素摂取量を求め,干潟の物質循環における役割を検討した。ハクセンシオマネキ,チゴガニ,コメツキガニは,各3500,1500,20750~26750m2の広さに生息し,砂団子排出量が各最大944,486,2266g m-2 d-1であった。底質は,炭素・窒素量が5.0mg Cg-1,0.5mg Ng-1以下で,砂団子との差分が5~80%であった。3種の摂取量は,各最大3.36,0.18,1.67g Cm-2 d-1,0.416,0.024,0.086g Nm-2 d-1と算出され,入り江全体では13kg Cd-1,1.4kg Nd-1程度と推定された。
索引語炭素;干潟;スナガニ類;役割;宮崎港一ツ葉入り江;ハクセンシオマネキ;コメツキガニ;摂取量;Nm;Nd-1程度
引用文献数44
登録日2013年10月08日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat