静岡県折戸湾内より単離された海産性細菌の高濃度ホルムアルデヒド条件における馴化に関する研究

静岡県折戸湾内より単離された海産性細菌の高濃度ホルムアルデヒド条件における馴化に関する研究

レコードナンバー831343論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00008147NACSIS書誌IDAN00157043
著者名石井 洋
前田 孝史
井上 亮一
齋藤 寛
書誌名東海大学紀要. 海洋学部
別誌名Journal of the College of Marine Science and Technology, Tokai University
Journal of the Faculty of Marine Science and Technology, Tokai University
Journal of the School of Marine Science and Technology, Tokai University
東海大学紀要海洋学部
海-自然と文化
発行元東海大学海洋学部
巻号,ページ9巻・ 3号, p.27-34(2012-03)ISSN13487620
全文表示PDFファイル (696KB) 
抄録産業や家庭排水などから海水域に流入する汚染物質の一つであるホルムアルデヒド(FAD)は,ヒトやその他の生物に対して強い毒性を示す物質であり,海洋生物への影響が懸念されている。本研究では,静岡県清水区折戸湾沿岸域の4点から採水した後,10ppmFADを添加し,その濃度の減少の有無について調査した。その結果,巴川河口海水においてFADの急激な減少が観察された。その海水から希釈法により9株の細菌を分離し,その中でもSMM-7株は50ppmFADに対して3日間で完全に減少した。続いて,SMM-7株の高濃度FADに対する影響を調査したところ,300ppmFADの条件まで増殖が観察された。また,300ppmFADで株を繰り返し培養し馴化をすることで,続けて増殖不可能だった500ppmFADでも増殖が観察された。さらに,同様の方法により500ppmFADで馴化した後,750ppmFADで適応させることが出来た。以上のことからSMM-7株は低濃度での増殖と顕著な分解が観察され,さらに順次馴化させることにより,高濃度のホルムアルデヒドで適応し増殖可能なことが確認された。
索引語馴化;観察;FAD;増殖;減少;ホルムアルデヒド;影響;調査;適応;物質
引用文献数25
登録日2013年10月08日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat