樹脂処理外構材の野外暴露試験による耐久性評価(1)

樹脂処理外構材の野外暴露試験による耐久性評価(1)

レコードナンバー831354論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20036227NACSIS書誌IDAA12387785
論文副題生物被害,変形,変色
著者名長谷川 益夫
榊原 伸泰
書誌名富山県農林水産総合技術センター木材研究所研究報告
別誌名Bulletin of the Forest Products Research Institute, Toyama Prefectural Agricultural, Forestry & Fisheries Research Center
発行元富山県農林水産総合技術センター木材研究所
巻号,ページ4号, p.14-23(2012-03)ISSN18833683
全文表示PDFファイル (888KB) 
抄録木製遊具などに使用されるスギ、ベイマツ、ベイツガの円柱材(φ100mm)および角材(100mm角)に樹脂(ウレタン樹脂、エチレングリコール混合ウレタン樹脂)を減加圧注入処理し、富山県砺波市において野外暴露試験を10年間行った。被害度の耐用年数、暴露2年後までの材の幅の変化、暴露開始前の材の縦反り、暴露3年後までの材の変色について調べた。結果は、以下のとおりであった。1)人が頻繁に接触する木製遊具などの外構材は、従来の耐用限界被害度2.5では、部分的に激しい被害を含むため、利用者の不安感や事故の発生が懸念される。そのため、外観が重要な部位グループ(頂部など)に対しては耐用限界被害度を1とした。2)被害度の耐用年数は、頂部が最も短く、木製遊具の構成部材の目標耐用年数10年以上には達しなかった。無処理において、材形別の耐用年数では、角材が円柱材に比べて長く、樹種別の耐用年数では、角材においてベイマツ>スギ>ベイツガの順になった。また、樹脂処理による耐用年数の延長は、角材において、頂部では認められず、地際部ではウレタン樹脂処理(1~2年)に認められた。3)暴露2年後までの材の幅の変化は、いずれの処理においても、暴露期間の経過とともに小さくなる傾向が認められた。材の縦反りは、いずれの樹種でも、円柱材ウレタン樹脂処理が最も大きくなった。暴露3年後までの材の変色は、暴露初期1年間が大きく、樹脂処理による明度維持の効果は認められなかった。
索引語材;耐用年数;角材;ベイツガ;変色;木製遊具;頂部;野外暴露試験;樹脂処理外構材;被害度
引用文献数12
登録日2013年10月08日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat