ウンシュウミカンの減農薬栽培における黒点病および緑かび病の防除

ウンシュウミカンの減農薬栽培における黒点病および緑かび病の防除

レコードナンバー831357論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20009168NACSIS書誌IDAA11480140
著者名井沼 崇
間佐古 将則
中 一晃
増田 吉彦
書誌名和歌山県農林水産総合技術センター研究報告
別誌名和歌山農林水技セ研報
Bull. Wakayama Res. Cent. Agri. Forest. Fish
発行元和歌山県農林水産総合技術センター
巻号,ページ13号, p.25-33(2012-03)ISSN13455028
全文表示PDFファイル (674KB) 
抄録1. 銅水和剤に炭酸カルシウム水和剤を加用して散布することにより,銅水和剤単用散布と比較して黒点病の防除効果が向上した。2. 銅水和剤の2回散布により,現地の有機栽培園とほぼ同等の外観の果実を確保することができた。3. 銅水和剤散布による各防除区の枯れ枝の黒点病菌α型胞子数は,6~8月には無防除区と比較して減少していた。9月には増加していたが,その要因は明確ではなかった。4. 重曹を収穫前日に散布することで緑かび病の防除効果があったが,慣行防除剤と比較して劣った。
索引語比較;黒点病;緑かび病;ウンシュウミカン;散布;銅水和剤;防除効果;防除区;減農薬栽培;防除
引用文献数7
登録日2013年10月08日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat