ウンシュウミカン「上村早生」の品種特性

ウンシュウミカン「上村早生」の品種特性

レコードナンバー831379論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00011918NACSIS書誌IDAN10406825
著者名廣瀬 拓也
谷岡 英明
五百 蔵茂
田中 満稔
書誌名高知県農業技術センター研究報告 = Bulletin of the Kochi Agricultural Research Center
別誌名Bull. Kochi Agric. Res. Cent.
高知農技セ研報
発行元高知県農業技術センター
巻号,ページ21号, p.63-68(2012-03)ISSN09177701
全文表示PDFファイル (3122KB) 
抄録ウンシュウミカン「上村早生」は「興津3号」の枝変わり品種として高知県香南市で発見された。「上村早生」の品種特性は「興津3号」に比べ以下のとおりである。1. 葉および花はやや小さい。2. 果皮の着色の進行が早く,完全着色時の橙色が濃い。3. 果形がやや扁平である。4. 果実品質は糖度計示度がやや高い傾向であるが,クエン酸含量は同程度である。
索引語上村早生;ウンシュウミカン;品種特性;着色;枝変わり品種;高知県香南市;発見;葉;花;果皮
引用文献数9
登録日2013年10月08日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat