養殖条件がアコヤガイ真珠の黄色度に及ぼす影響

養殖条件がアコヤガイ真珠の黄色度に及ぼす影響

レコードナンバー831383論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20035924NACSIS書誌IDAA12374455
著者名田中 真二
阿部 久代
渥美 貴史
青木 秀夫
書誌名三重県水産研究所研究報告 = Bulletin of Mie Prefecture Fisheries Research Institute
別誌名三重県水産研究所研究報告
三重水研報
発行元三重県水産研究所
巻号,ページ21号, p.7-14(2012-03)ISSN18838812
全文表示PDFファイル (4537KB) 
抄録1. アコヤガイのゴールド真珠を効率的に生産する養殖条件を明らかにするために真珠生産試験を行い,ピースの採取部位および挿核後のアコヤガイの垂下深度と養殖漁場の違いが真珠の黄色度に及ぼす影響について検討した。2. ピース貝の右殻と左殻の比較では,有意差はないものの,4試験例全てでゴールド真珠の出現率は左殻区より右殻区の方が高く,巻きも右殻区の方が厚かった。3. 垂下深度の比較では,有意差はないものの,水深5mの深吊りよりも水深1.5mの浅吊りの方がゴールド真珠の出現率が高く,巻きが厚い傾向がみられた。4. 養殖漁場として英虞湾と賀田湾を比較したところ,真珠の黄色度に関しては両漁場で違いはみられなかった。巻きについては,英虞湾より賀田湾の方が有意に厚く,その要因として,賀田湾では英虞湾より夏季の水温が低く,冬季の水温が高いことが考えられた。
索引語養殖条件;黄色度;影響;アコヤガイ;ゴールド真珠;比較;有意差;右殻区;巻き;真珠
引用文献数16
登録日2013年10月08日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat