晩播栽培において多収で淡色味噌に好適なダイズ新品種「あきまろ」の育成

晩播栽培において多収で淡色味噌に好適なダイズ新品種「あきまろ」の育成

レコードナンバー831417論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20007675NACSIS書誌IDAA11636410
著者名高田 吉丈
猿田 正恭
岡部 昭典
菊池 彰夫
小野 貞芳
矢ケ崎 和弘
坂元 秀彦
高松 光生
山田 直弘
高橋 信夫#田中, 進久#元木, 悟#西牧, 清
書誌名近畿中国四国農業研究センター研究報告
別誌名Bulletin of NARO Western Region Agricultural Research Center
Bull. Natl. Agric. Res. Cent. West. Reg.
近中四農研報
発行元農業技術研究機構近畿中国四国農業研究センター
巻号,ページ11号, p.27-39(2012-02)ISSN13471244
全文表示PDFファイル (7461KB) 
抄録「あきまろ」は1995年に長野県中信農業試験場(現・長野県野菜花き試験場,旧農林水産省大豆育種指定試験地)において,難裂莢性で草姿を改良した品種の育成を目標に,「東山系T683」(後の東山195号)を母,「東山系T762」を父とした人工交配を行い,2000年にF5系統の中から選抜された「東山系X864」を近畿中国四国農業研究センター大豆育種研究近中四サブチームへ移管し,以後,当サブチームにおいて選抜・固定を図り,育成した品種である。本品種は生態型が秋大豆型で,晩播栽培において「フクユタカ」より多収である。ダイズモザイクウイルスのA,BおよびA2系統に抵抗性である。最下着莢節位高が高く,コンバイン収穫時の汚粒が軽減できる。子実の種皮色と臍色は"黄",粒大は"やや大"で,外観品質が良好である。加工面では淡色味噌に好適である。2011年4月に「あきまろ」の名称で品種登録出願を行った。栽培適地は中国四国地域である。
索引語晩播栽培;育成;多収;ダイズ新品種;淡色味噌;品種;選抜;難裂莢性;後;本品種
引用文献数4
登録日2013年10月08日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat