但馬牛の経済形質関連遺伝子の効果検証

但馬牛の経済形質関連遺伝子の効果検証

レコードナンバー831454論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20009961NACSIS書誌IDAA11834673
著者名秋山 敬孝
小浜 菜美子
吉田 恵実
坂瀬 充宏
福島 護之
渡邊 理
書誌名兵庫県立農林水産技術総合センター研究報告. 畜産編
発行元兵庫県立農林水産技術総合センター
巻号,ページ48号, p.1-4(2012-03)ISSN13477730
全文表示PDFファイル (267KB) 
抄録筋肉内脂肪酸組成に関与する3つの遺伝子,Stearoyl-CoA desaturase(SCD),Sterol Regulatory Element-binding Protein-1(SREBP-1),及びFatty Acid Synthase(FASN)の変異について,但馬牛集団での保有状況及び経済形質と脂肪酸割合に対する効果検証を実施した。1 種雄牛現場後代検定調査牛の遺伝子頻度について,SCDはA型が83.8%,V型が16.2%であった。SREBP-1はS型が33.8%,L型が66.2%であった。FASNはB型が93.8%,L型が6.2%であった。2 SCD,SREBP-1及びFASN各遺伝子型の組み合わせと胸最長筋肉内脂肪のモノ不飽和脂肪酸割合及びオレイン酸割合を比較したが,有意な遺伝子型の組み合わせは認められなかった。3 但馬牛ではSCD及びFASN遺伝子は優良な遺伝子型にほぼ固定されていることが明らかとなった。
索引語SCD;遺伝子型;但馬牛;効果検証;L型;組み合わせ;FASN;経済形質関連遺伝子;遺伝子;脂肪酸割合
引用文献数7
登録日2013年10月08日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat