ウシ体外受精胚における複数遺伝子診断のためのDNA抽出法と遺伝子増幅法

ウシ体外受精胚における複数遺伝子診断のためのDNA抽出法と遺伝子増幅法

レコードナンバー831455論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20009961NACSIS書誌IDAA11834673
著者名小浜 菜美子
秋山 敬孝
岩木 史之
福島 護之
書誌名兵庫県立農林水産技術総合センター研究報告. 畜産編
発行元兵庫県立農林水産技術総合センター
巻号,ページ48号, p.5-10(2012-03)ISSN13477730
全文表示PDFファイル (416KB) 
抄録ウシ体外受精胚から採取したバイオプシー細胞を用いてPeroxisome proliferator-activated receptor γ2(PPARγ2)遺伝子の検出率から診断に必要な胚バイオプシー量,DNA抽出方法,及び全ゲノム増幅法(WGA法)を検討した。さらに,WGA産物を用いで性判別及びstearoyl-CoA desaturase(SCD)遺伝子診断の複数項目DNA診断を実施した。1 DNA抽出方法は加熱処理よりもNaOH処理が優れていた。2 NaOH処理区では胚バイオプシー量、WGA法による変異型PPARγ2遺伝子の検出率に差はなかった。3 1/5胚をNaOH処理でDNA抽出した場合の性判別はWGA法の種類にかかわらず100%可能であった。4 1/5胚をNaOH処理でDNA抽出した場合のSCD遺伝子診断率はPEP-PCR産物に比較してMDA産物を用いた方が高い値であった。以上のことから,NaOH処理で胚からDNAを抽出後,全ゲノムDNAを増幅すると,バイオプシーサンプル量を1/5胚としても複数項目のDNA診断が可能であることが明らかとなった。
索引語NaOH処理;WGA法;ウシ体外受精胚;DNA抽出;検出率;胚バイオプシー量;DNA抽出方法;性判別;DNA;receptor
引用文献数13
登録日2013年10月08日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat