薬剤処理によるカンキツの種子混入軽減効果(1)

薬剤処理によるカンキツの種子混入軽減効果(1)

レコードナンバー831485論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20038090NACSIS書誌IDAA12462891
論文副題花粉発芽阻害物質について
著者名林田 誠剛
書誌名長崎県農林技術開発センター研究報告
別誌名Bulletin of the Nagasaki Agricultural & Forestry Technical Development Center
発行元長崎県農林技術開発センター
巻号,ページ3号, p.149-155(2012-03)ISSN18848605
全文表示PDFファイル (3475KB) 
抄録カンキツの種子混入を防止するための手段として,花粉発芽を阻害する物質の探索を行った。その結果,ギ酸を含む塩類が花粉の発芽および花粉管の伸長を阻害することが判明した。寒天培地に含まれるギ酸カルシウムの濃度が高いほど花粉の発芽は抑制され,100倍でまったく発芽しなかった。また、ギ酸カルシウムの発芽阻害はpHによるものではなく,ギ酸カルシウムの直接的な効果によるものである。このようなことから,ギ酸カルシウムはカンキツの種子混入を防止する薬剤として利用できる可能性が示された。
索引語発芽;ギ酸カルシウム;カンキツ;花粉;阻害;種子混入;防止;薬剤処理;種子混入軽減効果;ギ酸
引用文献数20
登録日2013年10月08日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat