姨捨大池における湿生植物群落とため池管理との関連性

姨捨大池における湿生植物群落とため池管理との関連性

レコードナンバー831642論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20010647NACSIS書誌IDAA11845727
著者名荒瀬 輝夫
熊谷 真由子
内川 義行
岡野 哲郎
丸山 一樹
内田 泰三
書誌名信州大学農学部AFC報告
別誌名Bulletin Shinshu University Alpine Field Center
信州大学農学部アルプス圏フィールド科学教育研究センター報告
発行元信州大学農学部附属アルプス圏フィールド科学教育研究センター
巻号,ページ10号, p.91-100(2012-03)ISSN13487892
全文表示PDFファイル (652KB) 
抄録ため池の湿生植物群落の成立要因を探るため,姨捨大池(長野県千曲市)において,群落および植物相の調査を行なった。姨捨大池は農業用のため池で,水系の連続した3つの隣接する池(上池,中池,下池)からなり,池により水位調節が異なる。湖畔全域の植生を把握したのち,山つき湿原5群落と水際草原6群落に調査区を設けた。群落調査として,各調査区で0.0625~32m2までの24方形区を調査して種数面積曲線の作成と解析を行なった。植物相について,同一池内と異なる池間の出現種の類似性を分析した。種数面積曲線から求めた最小面積Aαと種数Sαは,山つき湿原では群落全体の面積規模AVと高い正の相関関係にあったが,水際草原では相関は認められなかった。植物相について,各池に固有な種数はいずれの植生でも全体のおよそ3分の2に及び,池間の類似性も低く,池ごとに特色ある湿生植物群落が成立していることが判明した。湿生植物群落への水位変動の影響が示唆され,植生保全に対するため池管理の重要性について考察を加えた。
索引語湿生植物群落;姨捨大池;池;植物相;関連性;ため池管理;調査;群落;植生;種数面積曲線
引用文献数19
登録日2013年10月08日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat