天山山脈北麓エルタシュ谷(キルギス共和国サリチャット・エルタシュ自然保護区)の森林限界の高山植生

天山山脈北麓エルタシュ谷(キルギス共和国サリチャット・エルタシュ自然保護区)の森林限界の高山植生

レコードナンバー831649論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20010647NACSIS書誌IDAA11845727
著者名荒瀬 輝夫
泉山 茂之
書誌名信州大学農学部AFC報告
別誌名Bulletin Shinshu University Alpine Field Center
信州大学農学部アルプス圏フィールド科学教育研究センター報告
発行元信州大学農学部附属アルプス圏フィールド科学教育研究センター
巻号,ページ10号, p.145-151(2012-03)ISSN13487892
全文表示PDFファイル (565KB) 
抄録野生動物生態調査の一環として,天山山脈北麓エルタシュ谷(キルギス共和国サリチャット・エルタシュ自然保護区)において,標高およそ3,000~3,200mの森林限界付近の高山植生調査を行った。この地域では,ウマとヒツジの放牧が行なわれ,マルコポーロシープ(アルガリ)やオオカミ等の野生動物も生息しているが,野生生物,気象,生活の情報はほとんどない状況である。植生断面を調査するため,2011年5月に,谷を横切る5つの帯状区を設けた。確認された6科8種の木本植物はすべて灌木類であった。キンロバイ(Potentilla fruticosa)が調査地全域に分布し,局所的に有刺植物のCaragana jubataが点在していた。木本種数は標高が高くなると有意に増加しており,種数増加の原因について考察を加えた。
索引語天山山脈北麓エルタシュ谷;エルタシュ自然保護区;標高;調査;谷;有刺植物;Caragana;森林限界;高山植生;野生動物
引用文献数14
登録日2013年10月08日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat