北海道日本海南部海域におけるべニズワイの漁獲管理について

北海道日本海南部海域におけるべニズワイの漁獲管理について

レコードナンバー831707論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20039028NACSIS書誌IDAA12497659
著者名星野 昇
書誌名北海道水産試験場研究報告 = Scientific reports of Hokkaido Fisheries Research Institutes
別誌名Sci. Rep. Hokkaido Fish. Res. Inst
北水試研報
発行元北海道立総合研究機構水産研究本部
巻号,ページ81号, p.117-124(2012-03)ISSN21853290
全文表示PDFファイル (652KB) 
抄録道南海域のべニズワイ資源は漁獲可能量で管理されているが,その動態には不明な要素が多く,一般的な資源管理手法が適用できない。本稿では,毎年の漁獲可能量を,CPUEトレンドのみに基づく簡単な算出方法で計算する制御ルールを用いた場合の効用やリスクを,オペレーティングモデルで評価した。数種の管理シナリオを検討したところ,管理開始時点における漁獲圧の規模に応じて各シナリオで長短が異なった。数量管理に並行して漁獲努力量の制限措置を継続するなど補足的な措置が必要と考えられた。今後の実用に際しては,現在の漁獲努力量の水準と資源尾数のトレンドを実態に近いものとして推定することが必要である。
索引語べニズワイ;漁獲可能量;漁獲努力量;数種;漁獲圧;措置;トレンド;北海道日本海南部海域;漁獲管理;管理
引用文献数13
登録日2013年10月08日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat