都市近郊河川で観察されたサケとサクラマスの産卵床密度

都市近郊河川で観察されたサケとサクラマスの産卵床密度

レコードナンバー831710論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20039028NACSIS書誌IDAA12497659
著者名宮腰 靖之
ト部 浩一
安藤 大成
書誌名北海道水産試験場研究報告 = Scientific reports of Hokkaido Fisheries Research Institutes
別誌名Sci. Rep. Hokkaido Fish. Res. Inst
北水試研報
発行元北海道立総合研究機構水産研究本部
巻号,ページ81号, p.141-143(2012-03)ISSN21853290
全文表示PDFファイル (253KB) 
抄録2008年9月29日,北海道恵庭市を流れる石狩川支流漁川の9kmの区間を踏査し,サケとサクラマスの産卵床の数を調べた。調査区間でサケの産卵床が440床,サクラマスの産卵床が94床確認され,100mあたりの産卵床の分布密度はサケで4.9床/100m,サクラマスで1.0床/100mであった。都市近郊を流れる漁川でも高密度でサケとサクラマスの産卵床が造成されていることが観察され,このような自然産卵個体群と産卵環境を保全していくことが重要と考えられる。
索引語サケ;サクラマス;産卵床;観察;調査区間;94床確認;分布密度;漁川;高密度;都市近郊河川
引用文献数12
登録日2013年10月08日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat