家畜ふん堆肥の連用が普通畑作物収量と養分収支並びに土壌化学性に及ぼす影響

家畜ふん堆肥の連用が普通畑作物収量と養分収支並びに土壌化学性に及ぼす影響

レコードナンバー831718論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20033316NACSIS書誌IDAA12292124
著者名森 清文
西 裕之
古江 広治
脇門 英美
松元 順
渋川 洋
相本 涼子
小玉 泰生
井上 健一
永田 茂穂#山下, 純一#森田, 重則#後藤, 忍
書誌名鹿児島県農業開発総合センター研究報告. 耕種部門 = Bulletin of the Kagoshima Prefectural Institute for Agricultural Development. Agricultural Research
別誌名Bull. Kagoshima. Pref. Ins. for Agri. Deve. (Agricultural Research)
鹿児島農総セ研報(耕種)
発行元鹿児島県農業開発総合センター
巻号,ページ6号, p.39-48(2012-03)ISSN18818609
全文表示PDFファイル (770KB) 
抄録多腐植質厚層黒ボク土普通畑で鶏ふん,豚ぷん,牛ふんの家畜ふん堆肥連用試験を20年間実施し,原料用サツマイモ-麦類輪作体系での収量,養分収支,土壌理化学性に及ぼす影響について調査した。原料用サツマイモの収量,小麦および大麦の精麦重は,各家畜ふん堆肥区で化学肥料区に比べ同等以上であった。土壌中の交換性塩基含量の変化量は各区の投入量と作物からの吸収量から算出すると塩基収支を反映しており,収支はほぼプラスになるが土壌中の各塩基は減少し,特に石灰含量は顕著に減少した。これらの原因は降雨による溶脱の影響と考えられ,長期間わたる作物収量の安定的な確保,土壌化学性を健全に保つためには,必要に応じた土壌改良資材の施用による塩基類の補給に充分留意する必要がある。
索引語影響;土壌化学性;家畜ふん堆肥;収量;原料用サツマイモ;減少;多腐植質厚層黒ボク土普通畑;豚ぷん;家畜ふん堆肥連用試験;麦類輪作体系
引用文献数11
登録日2013年10月08日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat