パワースペクトル解析(最大エントロピー法)による牛血漿中成長ホルモンおよびプロラクチン分泌リズム解析方法の検討

パワースペクトル解析(最大エントロピー法)による牛血漿中成長ホルモンおよびプロラクチン分泌リズム解析方法の検討

レコードナンバー831738論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20005663NACSIS書誌IDAN00195188
著者名小木野 瑞奈
松浦 晶央
山崎 淳
入交 眞巳
櫛引 史郎
新宮 博行
粕谷 悦子
甫立 孝一
書誌名日本畜産學會報 = The Japanese journal of zootechnical science
別誌名日本畜産学会報
日本畜産学会報
Nihon chikusan gakkaiho
Animal science journal
Animal science and technology
発行元Zootechnical Science Society of Japan
巻号,ページ83巻・ 1号, p.35-46(2012-02)ISSN1346907X
外部リンク
全文表示PDFファイル (625KB) 
抄録パワースペクトル解析における最大エントロピー法(MEM)によるホルモン分泌リズム解析時の適切な測定条件を検討した。ウシ血漿中成長ホルモン(GH)およびプロラクチン(PRL)濃度の測定データを用いて同季節,同個体内の異なるサンプリング間隔および次数におけるMEM検出周期を比較した。その結果,GHやPRLのように短時間の周期(ウルトラディアンリズム)と長時間の周期(あるいはサーカディアンリズム)が同時に存在するホルモンの分泌リズムを解析する場合には,15分間隔など短いサンプリング間隔の測定値で解析し,次数を上げて短時間の周期と同時に長時間周期の検出も検討する手段が最適であるが,30分間隔の測定値で解析した場合でも15分間隔の測定値で解析した場合とほぼ同様の結果が得られること,15時間以上の長時間の周期を含むリズムを検討する場合には,30時間以上の連続したサンプリングが必要であることが分かった。
索引語周期;解析;検討;GH;測定値;パワースペクトル解析;最大エントロピー法;PRL;サンプリング間隔;次数
引用文献数37
登録日2013年10月08日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat