広葉樹の天然更新完了基準に関する一考察

広葉樹の天然更新完了基準に関する一考察

レコードナンバー831777論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20018854NACSIS書誌IDAA12003078
論文副題苗場山ブナ天然更新試験地のデータから
著者名正木 隆
佐藤 保
杉田 久志
田中 信行
八木橋 勉
小川 みふゆ
田内 裕之
田中 浩
書誌名日本森林学会誌
別誌名日林誌
J. Jpn. For. Soc.
発行元日本森林学会
巻号,ページ94巻・ 1号, p.17-23(2012-02)ISSN13498509
全文表示PDFファイル (751KB) 
抄録苗場山ブナ天然更新試験地の30年間のデータを解析し,天然更新完了基準を検討した。試験地では1968年に5段階の強度(皆伐~対照区)での伐採,および5通りの林床処理(刈り払い,かき起こし,除草剤散布等)が行われ,1978年には残存母樹も伐採された。本研究では残存母樹の伐採から4年後の1982年と2008年の植生調査(各種の被度および最大高)および樹木の更新調査(稚樹密度および稚樹高)の結果を解析した。高木性の樹木が更新(2008年に高木性樹種の被度50%以上)する確率は,1982年当時の稚樹密度・稚樹高・植生高でよく説明され,ブナに対象を限定した場合では,稚樹の密度と高さのみでよく説明された。高木性樹種の更新の成功率は,稚樹の密度が20万/ha以上,かつ植生が除去された場合にようやく8割を超えると推定された。各地の広葉樹天然更新完了基準では,稚樹高30cm,密度5,000本/haという例が多いが,この基準は低すぎると考えられた。伐採前に前生稚樹の密度を高める等の作業を行わない限り,天然下種によるブナ林の更新は難しいと考えられた。
索引語密度;更新;伐採;天然更新完了基準;稚樹;苗場山ブナ天然更新試験地;データ;稚樹高;解析;残存母樹
引用文献数19
登録日2013年10月08日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat