香酸カンキツ「長門ユズキチ」の長期貯蔵技術の開発

香酸カンキツ「長門ユズキチ」の長期貯蔵技術の開発

レコードナンバー831859論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20038346NACSIS書誌IDAA12476648
著者名平田 達哉
中谷 幸夫
西岡 真理
杉本 健治
品川 吉延
書誌名山口県農林総合技術センター研究報告
別誌名Bull. Yamaguchi Tec Cent Agri Fore
山口農技セ研報
Bulletin of the Yamaguchi Agricultural and Forestry General Technology Center Experiment Station
発行元山口県農林総合技術センター
巻号,ページ3号, p.1-8(2012-03)ISSN21850437
全文表示PDFファイル (5961KB) 
抄録長門ユズキチを収穫後、緑色果のまま長期間貯蔵するため、低温貯蔵技術の検討を行った。収穫は貯蔵用果実としては、花の満開日を基準として、84日目の果実が適している。また、果実階級間での品質、貯蔵性には、差が認められない。予措を行わないで包装貯蔵すると、障害果率が高くなる。予措が強いほど、障害果率は低下するが、黄化が促進される。長期貯蔵には、減量歩合で5%の予措が適している。貯蔵温度は低いほど緑色保持効果は良いが、障害果率が高くなるため、貯蔵温度を8℃から5日毎に1℃ずつ下げ、貯蔵開始30日以降は2℃とするコンディショニング処理が適している。包装資材としては、ポリプロピレンよりポリエチレンが貯蔵に適している。厚さ0.025mm、大きさ410mm×280mmのポリエチレンに1.5kgの果実を入れる包装形態が貯蔵に適している。以上のことより、黄化と低温障害を同時に抑制し、長門ユズキチを90日間貯蔵することが可能となった。すなわち、貯蔵用果実は満開後84日後に収穫して、5%の予措を行う。その後厚さ0.025mm、大きさ410mm×280mmのポリエチレン袋に1.5kgの果実入れて密封し、袋に傷をつけないように貯蔵庫に入れる。貯蔵温度は、8℃を開始温度として2℃まで、5日ごとに1℃下げ、その後2℃に維持する。
索引語予措;長門ユズキチ;貯蔵;果実;貯蔵温度;障害果率;収穫;ポリエチレン;貯蔵用果実;黄化
引用文献数17
登録日2013年10月08日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat