繁殖雌豚へのエコフィード給与に関する研究

繁殖雌豚へのエコフィード給与に関する研究

レコードナンバー831871論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20038346NACSIS書誌IDAA12476648
著者名島田 芳子
大賀 友英
堤 明理
秋友 一郎
岡村 由香
書誌名山口県農林総合技術センター研究報告
別誌名Bull. Yamaguchi Tec Cent Agri Fore
山口農技セ研報
Bulletin of the Yamaguchi Agricultural and Forestry General Technology Center Experiment Station
発行元山口県農林総合技術センター
巻号,ページ3号, p.79-82(2012-03)ISSN21850437
全文表示PDFファイル (326KB) 
抄録繁殖雌豚にエコフィードを給与した場合の繁殖成績や子豚育成成績を調査し、繁殖雌豚へのエコフィード給与技術について検討した。エコフィードの飼料一般成分は、市販配合飼料と比べて、粗蛋白質及び粗繊維が低く、粗脂肪が高い。このため、市販配合飼料にエコフィードを混合することにより、粗蛋白質及び粗繊維含量が低下し、粗脂肪含量が増加する。市販配合飼料にエコフィードを10~30%混合給与した場合、繁殖成績や子豚育成成績に影響はなく、飼料費軽減効果が認められる。しかし、エコフィードを30%混合給与した場合、飼料の嗜好性が低下し、飼料摂取量が減少する。以上のことから、繁殖雌豚にエコフィードを給与する場合は、市販配合飼料に対するエコフィードの混合割合を10%程度とすることが適当である。
索引語繁殖雌豚;エコフィード;市販配合飼料;給与;エコフィード給与;粗蛋白質;低下;混合給与;繁殖成績;子豚育成成績
引用文献数4
登録日2013年10月08日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat