英虞湾沿岸の暖温帯常緑広葉樹林における樹木の分布と微地形の関係

英虞湾沿岸の暖温帯常緑広葉樹林における樹木の分布と微地形の関係

レコードナンバー831927論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20036401NACSIS書誌IDAA12395047
著者名島田 博匡
野々田 稔郎
書誌名三重県林業研究所研究報告
別誌名Bulletin of the Mie Prefecture Forestry Research Institute
三重県林業研究所研究報告
発行元三重県林業研究所
巻号,ページ4号, p.9-17(2012-03)ISSN18837484
全文表示PDFファイル (575KB) 
抄録英虞湾の沿岸斜面に成立したウバメガシが優占する常緑広葉樹林において樹木の分布に及ぼす微地形の影響について解析を行った。ブートストラップ法により樹種ごとの微地形(頂部斜面(CS),下部谷壁斜面(LS),谷頭凹地(HH))に応じた分布の偏りを解析した。検出された偏在微地形に基づき,27種の出現種はCS群(1種),LS群(2種),HH群(3種),普遍種(6種),低頻度出現種(15種)の5群に分類された。いずれの微地形でもウバメガシを含む普遍種の個体数や胸高断面積合計に占める構成比率が大きく,微地形間で樹種構成の類似性が比較的高い傾向が認められた。
索引語微地形;分布;ウバメガシ;普遍種;樹木;解析;個体数;英虞湾沿岸;暖温帯常緑広葉樹林;関係
引用文献数12
登録日2013年10月08日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat