樹勢の異なるイチジクへの不織布マルチの被覆とかん水が樹体の生育と果実品質に及ぼす影響

樹勢の異なるイチジクへの不織布マルチの被覆とかん水が樹体の生育と果実品質に及ぼす影響

レコードナンバー831992論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20004168NACSIS書誌IDAA11608561
著者名真野 隆司
水田 泰徳
森口 卓哉
書誌名園芸学研究
別誌名Horticultural research (Japan)
発行元園芸学会
巻号,ページ11巻・ 2号, p.219-225(2012-04)ISSN13472658
全文表示PDFファイル (551KB) 
抄録樹勢の異なるイチジク(Ficus carica L. ,'桝井ドーフィン')に対し,不織布マルチの被覆とかん水が樹体の生育と果実品質に与える影響を検討した。不織布マルチは着色良好で糖度の高いイチジクを生産できるものの,いや地条件下やかん水量の少ない樹勢の弱いイチジクに対して行うと,一層樹勢を弱め,小玉果や変形果の発生を助長した。一方,密植栽培で樹勢の強いイチジクに対して不織布マルチをする場合,pF2.5程度を維持できれば,密植樹の樹勢を抑制でき,収穫時期も早まるとともに果実品質も向上することが明らかになった。
索引語樹勢;イチジク;不織布マルチ;果実品質;かん水;被覆;樹体;生育;影響;Ficus carica
引用文献数19
登録日2013年10月08日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat