防根給水ひもによるトマト砂栽培への紐上置肥の適用

防根給水ひもによるトマト砂栽培への紐上置肥の適用

レコードナンバー831993論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20004168NACSIS書誌IDAA11608561
著者名今野 裕光
桝田 正治
村上 賢治
書誌名園芸学研究
別誌名Horticultural research (Japan)
発行元園芸学会
巻号,ページ11巻・ 2号, p.227-234(2012-04)ISSN13472658
全文表示PDFファイル (619KB) 
抄録トマトの防根給水ひも栽培において,栽培後に肥料袋を除去する「紐上置肥(以下,置肥)」を培地再利用が容易な砂に適用し,生育,収量および養分溶出率について土培地と比較した。また,両培地における混肥と置肥の施肥法の違いについても同様に調査した。供試材料には中玉トマトを用い,第7段摘心栽培とした。栽培期間は,2009年9月~2010年2月の136日間であった。草丈および摘心部の新鮮重・切断直径には,全処理区間で差がなかった。可販果収量は砂と土区間に差はなく,両培地における施肥法間にも差がなかった。砂区の果実は土区より全段位で酸度が低く,高段位でグリーンバック果の発生率が高かった。肥料を栽培後に培地から取り出し分析したところ,total-NおよびK2Oの溶出率は80%を超えており、砂区は土区より若干溶出率が低かった。砂区における施肥法間には,溶出率にほとんど差はなかった。一方,見かけの養分吸収量は,特にK2Oで少なく,砂区が土区より約4g低い値を示した。これは元の培地の含有量に依存するものであり,砂区における果実酸度の低下とグリーンバック果の多発に関係していると考えられた。以上より,砂培地の肥料設計は,土培地よりもK2Oの肥効を高める必要があると考えられた。
索引語置肥;K2O;砂区;適用;土培地;土区;砂;防根給水ひも;トマト砂栽培;培地
引用文献数17
登録日2013年10月08日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat