圃場におけるダイズ茎疫病圃場抵抗性検定法の開発

圃場におけるダイズ茎疫病圃場抵抗性検定法の開発

レコードナンバー832055論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014890NACSIS書誌IDAN00189888
著者名山下 陽子
田澤 暁子
南 忠
書誌名日本作物學會紀事
別誌名Proceedings of the Crop Science Society of Japan
Japanese journal of crop science
日本作物学会紀事
発行元日本作物學會
巻号,ページ81巻・ 2号, p.183-189(2012-04)ISSN00111848
外部リンク
全文表示PDFファイル (644KB) 
抄録ダイズ茎疫病はPhytophthora sojaeによる水媒伝染性の病害であり,本病害に対する抵抗性には,レース特異的な真性抵抗性とレース非特異的な圃場抵抗性が知られている。本研究は,水田転換畑で夏季に多湿土壌処理を実施し,真性抵抗性の影響を受けずに北海道品種の圃場抵抗性を検定する手法の開発を目的とした。本検定における抵抗性の指標には,2006~2007年において発病度との間に極めて強い正の相関を示し(r=0.992**~0.981**,n=35~37),かつ調査の簡便な枯死個体率が適切であると考えられた。北海道の既報10レース全てに感受性の16品種の2006~2007年における枯死個体率の順序は概ね安定しており,これらを圃場抵抗性に基づいて3ランクに分類し,6つの指標品種を選定した。2006~2009年の枯死個体率にはどの2カ年の間でも有意な正の相関がみられたが(r=0.542**~0.839**,n=26~57),抵抗性ランクが年次により異なる品種が17.1~34.6%認められ,2カ年以上の結果から総合評価する必要があった。北海道の主要レースA,Dに対する真性抵抗性反応が明らかな品種およびレース判別品種を用いた解析では,圃場と真性の両抵抗性の間に一定の関係が認められず,本検定法では真性抵抗性の影響を殆ど受けずに圃場抵抗性を評価できることが明らかになった。本研究で開発した手法は,北海道主要品種の圃場抵抗性評価と併せて,ダイズ茎疫病圃場抵抗性の品種開発に活用できる。
索引語圃場抵抗性;開発;圃場;抵抗性;正の相関;品種;真性抵抗性;枯死個体率;北海道;影響
引用文献数19
登録日2013年10月08日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat