福島県内の農家水田において栽培されたコシヒカリとひとめぼれの玄米外観品質の高温反応の比較

福島県内の農家水田において栽培されたコシヒカリとひとめぼれの玄米外観品質の高温反応の比較

レコードナンバー832059論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014890NACSIS書誌IDAN00189888
著者名藤村 恵人
藤田 智博
書誌名日本作物學會紀事
別誌名Proceedings of the Crop Science Society of Japan
Japanese journal of crop science
日本作物学会紀事
発行元日本作物學會
巻号,ページ81巻・ 2号, p.207-211(2012-04)ISSN00111848
外部リンク
全文表示PDFファイル (452KB) 
抄録玄米外観品質の高温耐性に関する品種間差は農家の品種選定において重要な情報である。しかしながら,試験水田やポット栽培で認められた品種間差が,栽培管理の多様な農家水田においても同様に認められるとは限らない。2010年8月は気温が高い水準で持続しため,福島県内各地でコシヒカリとひとめぼれの登熟期がともに高温に遭遇し,農家水田における玄米外観品質の高温反応の品種間比較を行うことが可能と考えられた。そこで,福島県内に設けられている作柄判定圃のコシヒカリとひとめぼれについて白未熟粒(乳白粒,心白粒,背腹白粒および基部未熟粒)粒数割合を調査した。気温指標として,日平均気温と日最低気温の20日間平均値および基準温度を30℃とする日最高気温の10日間積算値を,出穂10日前から出穂15日後までの毎日を基点として算出した。白未熟粒のうち乳白粒は8.2%,背腹白粒は4.6%,基部未熟粒は1.2%,心白粒は0.01%であった。背腹白粒と基部未熟粒の粒数割合はコシヒカリの方がひとめぼれよりも有意に高く,乳白粒では品種間差は認められなかった。比較的粒数割合の高かった背腹白粒について,気温指標を用いて遭遇気温の品種間差を検討したところ,遭遇気温に品種間差は認められなかった。したがって,背腹白粒割合の品種間差は遭遇温度の差異に起因するものではないと考えられた。以上のことから,福島県内の一般農家の栽培管理下における玄米外観品質の高温耐性はコシヒカリに比べてひとめぼれの方が高いことが示された。
索引語品種間差;コシヒカリ;ひとめぼれ;玄米外観品質;農家水田;背腹白粒;福島県内;高温反応;高温耐性;気温指標
引用文献数14
登録日2013年10月08日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat