キンギョにおける腸管から循環系へのファージの浸潤性

キンギョにおける腸管から循環系へのファージの浸潤性

レコードナンバー832281論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00008714NACSIS書誌IDAN00063165
著者名河東 康彦
中井 敏博
書誌名魚病研究
別誌名Fish pathology
発行元[出版者不明]
巻号,ページ47巻・ 1号, p.1-6(2012-03)ISSN0388788X
全文表示PDFファイル (448KB) 
抄録魚病細菌と大腸菌ファージ11株を,キンギョの肛門からシリコンチューブを用いて腸管に注入した結果(10E8.3 PFU/尾),いずれのファージも3時間後に腎臓から検出された(10E2.7~10E4.3 PFU/g)。循環系への浸潤性が最も高かったファージPPpW-4株について検討したところ,ファージは腸管に注入して10分後には血液と腎臓に出現して12時間後までほぼ同じ力価で検出された。循環系への安定した浸潤のためには,1尾あたり10E7.3 PFU以上の注入が必要であった。これらは経口投与による魚類のファージ療法を考える上で有用な知見となる。
索引語ファージ;循環系;注入;腸管;キンギョ;浸潤性;腎臓;検出;用いて腸管;これら
引用文献数34
登録日2013年10月08日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat