培養物へのオリザリン処理による日本原産センノウ属植物の染色体倍加

培養物へのオリザリン処理による日本原産センノウ属植物の染色体倍加

レコードナンバー832302論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014669NACSIS書誌IDAN00183393
著者名中野 優
田崎 大夢
野中 隆宏
韓 東生
神戸 敏成
書誌名新潟大学農学部研究報告 = Bulletin of the Faculty of Agriculture, Niigata University
発行元新潟大学農学部
巻号,ページ64巻・ 2号, p.101-105(2012-03)ISSN03858634
全文表示PDFファイル (353KB) 
抄録センノウ属(Lychnis spp. ;ナデシコ科)は約30種で構成され、そのうちの6種は日本に自生している。多くのセンノウ属植物は観賞的価値が高く、そのため鉢植え植物や庭植え植物として栽培されている。本研究では、園芸形質の拡大を目的として、日本原産の3種のセンノウ属植物、センジュガンピ(L. gracillima;2n=2x=24)、オグラセンノウ(L. kiusiana;2n=2x=24)およびフシグロセンノウ(L. miqueliana;2n=2x=24)について、培養物のオリザリン(ORY)処理による染色体倍加を試みた。これは、三倍体のセンノウ(L. senno)において最初に確立された方法である(Nonakaら、2011)。培養小植物体から調製した節切片を10mg L-1 ORYで24時間処理したところ、2ヵ月後にはいずれのセンノウ属植物においても70%以上の節切片が生存していた。また、ORY処理した節切片由来の小植物体についてフローサイトメトリー分析を行ったところ、センジュガンピ、オグラセンノウおよびフシグロセンノウの小植物体のそれぞれ15.7、15.1および7.8%が四倍体(4x)または倍数性キメラ(2x+4x)であった。染色体倍加は、根端細胞の染色体観察によっても確認された。以上の結果は、培養物へのORY処理が、広範囲のセンノウ属植物における染色体倍加に適用できることを示している。本研究で得られた四倍体小植物体は、二倍体小植物体と比較して、草姿が小型であった。
索引語染色体倍加;センノウ属植物;培養物;節切片;ORY処理;Lychnis;植物;オリザリン;ORY;小植物体
引用文献数12
登録日2013年10月08日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat