AU法を用いたモデルパイプラインに発生する気液二相流の流動形態評価に関する研究

AU法を用いたモデルパイプラインに発生する気液二相流の流動形態評価に関する研究

レコードナンバー832309論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014669NACSIS書誌IDAN00183393
著者名鈴木 哲也
書誌名新潟大学農学部研究報告 = Bulletin of the Faculty of Agriculture, Niigata University
発行元新潟大学農学部
巻号,ページ64巻・ 2号, p.159-163(2012-03)ISSN03858634
全文表示PDFファイル (395KB) 
抄録農業用パイプラインにおける空気連行現象は、混入後の脈動や圧力上昇、通水能力の低下、振動・騒音など水理性能や構造性能の甚大な影響を及ぼす。本研究では、農業用パイプラインに発生する気液二相流を対象にAU(Acousto-Ultrasonic)法による流動様式の特性評価を試みた結果を報告する。実験的検討は、モデルパイプライン内に通水量と給気量を調整した24種の通水条件を設定して行った。超音波の入力条件は、周波数:2MHz、電圧:300Vである。受信側センサは、共振型AEセンサを用いた。検討の結果,モデルパイプラインにおいて再現した満流、層状流、プラグ流および気泡流では、検出波特性が流動様式により変質し、その定量化にはAEパラメータ(平均周波数、AEエネルギおよび発生頻度)の有効性が高いことが明らかになった。
索引語モデルパイプライン;発生;気液二相流;農業用パイプライン;流動様式;結果;法;検討;AU法;流動形態評価
引用文献数8
登録日2013年10月08日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat