AEデータベースの構築に基づくコンクリート製開水路の損傷度評価に関する研究

AEデータベースの構築に基づくコンクリート製開水路の損傷度評価に関する研究

レコードナンバー832310論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014669NACSIS書誌IDAN00183393
著者名鈴木 哲也
山岸 俊太朗
書誌名新潟大学農学部研究報告 = Bulletin of the Faculty of Agriculture, Niigata University
発行元新潟大学農学部
巻号,ページ64巻・ 2号, p.165-171(2012-03)ISSN03858634
全文表示PDFファイル (465KB) 
抄録コンクリート損傷の定量化は、既設構造物の長寿命化策を検討する際に不可欠な評価指標である。本研究では、圧縮強度試験にAE計測を導入し、圧縮破壊過程のAE発生挙動と応力-ひずみ挙動からコンクリート損傷度評価を試みた。損傷度評価指標には、AEデータベースを構築し、スカラー損傷度の観点から推定した健全時の弾性係数E*と現在の弾性係数との相対比である相対損傷度を提案した。検討の結果、構築したAEデータベースの特性を考慮することにより相対損傷度の評価精度が確保できることが明らかになった。
索引語AEデータベース;構築;検討;相対損傷度;コンクリート製開水路;損傷度評価;研究;コンクリート損傷;評価指標;弾性係数
引用文献数6
登録日2013年10月08日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat