犬における腎臓造影CT撮像法

犬における腎臓造影CT撮像法

レコードナンバー832316論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014801NACSIS書誌IDAN00191857
著者名西田 幹
久楽 賢治
藤原 めぐみ
中山 智宏
石川 智恵子
河野 正太
上地 正実
書誌名日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association
発行元日本獸医師会
巻号,ページ65巻・ 5号, p.361-364(2012-05)ISSN04466454
全文表示PDFファイル (356KB) 
抄録本研究は犬の腎臓造影CT検査の撮像タイミングを検討することを目的とした。健常ビーグル犬においてボーラストラッキング法を用いた多相撮像による腎臓の造影CT検査を行った。造影剤はイオヘキソール750mgI/kgを用い,15秒で静脈内に投与した。造影剤投与後1回目の撮像はボーラストラッキング法を用いて撮像タイミングを決定し,造影剤投与開始後40,60,90,120,180及び300秒にてそれぞれ撮像を行った。腎動・静脈,腎皮質,腎髄質,腎盂及び尿管のCT値を測定した。動脈相は造影剤投与開始後,17及び19秒,皮髄相は40及び60秒,実質相は90及び120秒,排泄相は180及び300秒であった。また,造影剤投与開始後,腹大動脈に設定した関心領域のCT値が150HUに上昇するまでに要する時間と心拍数に相関関係が認められた。犬の腎臓造影CT検査において,ボーラストラッキング法を用いた多相撮像法を行うことで,良好な画像を得ることが可能であることが示唆された。
索引語犬;ボーラストラッキング法;撮像;腎臓造影CT検査;CT値;健常ビーグル犬;多相撮像;造影CT検査;用いて撮像タイミング;時間
引用文献数9
登録日2013年10月08日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat