伊豆大島におけるマクサのスポアバッグの投入時期の検討

伊豆大島におけるマクサのスポアバッグの投入時期の検討

レコードナンバー832604論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00008678NACSIS書誌IDAN00124667
著者名高瀬 智洋
滝尾 健二
木本 巧
山口 邦久
書誌名水産増殖 = The aquiculture
別誌名Aquacult. Sci.
Aquaculture Science
Suisanzoshoku
発行元水産増殖談話会
巻号,ページ60巻・ 2号, p.179-187(2012-06)ISSN03714217
全文表示PDFファイル (774KB) 
抄録1)伊豆大島沿岸の2地点(波浮港,泉浜)で,1年3ヵ月にわたり,毎月1回,マクサのスポアバッグを投入し,胞子の着生,幼体の生育,水温観測および期間限定で堆積物の調査を行った。2)対照区との比較から,採苗器に着生したテングサ科胞子は,概ねスポアバッグ由来のマクサ胞子であることが示され,スポアバッグからの胞子放出を確認した。また,両試験地ともに,7~10月に,採苗器に多くのテングサ科胞子の着生が確認されたことから,この時期がスポアバッグの投入に適していると考えられた。3)スポアバッグを固定した土台コンクリートブロックに,両試験地ともに,マクサ幼体の着生が認められた。ただし,波浮港では,マクサはその後も良好に生長し,成熟も認められたが,泉浜では減耗した。泉浜において,幼体の減耗した時期に,堆積物の日堆積量の増加および中央粒径値の増大が観察された。
索引語マクサ;スポアバッグ;着生;泉浜;幼体;波浮港;投入;堆積物;採苗器;テングサ科胞子
引用文献数33
登録日2013年10月08日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat