1-Methylcyclopropene処理がコマツナの収穫後の品質に及ぼす影響

1-Methylcyclopropene処理がコマツナの収穫後の品質に及ぼす影響

レコードナンバー832638論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00016464NACSIS書誌IDAA11178236
著者名徳地 隆宏
鈴木 康生
寺井 弘文
書誌名日本食品保蔵科学会誌
別誌名日本食品保蔵科学会誌
発行元日本食品保蔵科学会
巻号,ページ38巻・ 3号, p.153-158(2012-05)ISSN13441213
全文表示PDFファイル (457KB) 
抄録コマツナは収穫後常温下では急速に黄化し,その品質は劣化する。本研究では,1-methylcyclopropene(1-MCP)処理がコマツナの収穫後の品質に及ぼす影響を調べた。コマツナを0.1μl/l,0.5μl/l,1μl/lの1-MCPで24時間,20℃暗所下で処理した。また,1-MCP処理を行わなかったものをコントロールとした。1-MCP処理の後,コマツナを有孔ポリエチレン袋に入れ,20℃暗所下で貯蔵した。その結果,コントロールでは貯蔵3日に葉の先端に黄化がみとめられ,スコアは4未満となった。一方,0.1μl/l,0.5μl/l,1μl/lの1-MCP処理を行ったコマツナはそれぞれ貯蔵4日,5日,6日から黄化がみとめられた。これらのことから,1-MCP処理により葉の黄化が遅延することが明らかとなった。1μl/lで処理されたコマツナのクロロフィル含量は貯蔵3日において他の処理区より有意に高く,その後の減少も遅延しており,クロロフィル含量の減少の遅延は黄化を反映していた。また,1-MCP処理はコントロールと比べ重量減少を抑制し,炭酸ガス生成量を抑制した。さらに,1μl/lの1-MCP処理は貯蔵中のアスコルビン酸およびカロテン含量の減少を著しく抑制した。これらの結果から,1-MCP処理は収穫後のコマツナの品質保持に有効であることが明らかとなった。
索引語コマツナ;MCP処理;収穫後;1μl;黄化;処理;品質;MCP;減少;コントロール
引用文献数22
登録日2013年10月08日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat