朝倉市秋月町における歴史的池泉庭園の特性と経年変化

朝倉市秋月町における歴史的池泉庭園の特性と経年変化

レコードナンバー832730論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20010095NACSIS書誌IDAA11836271
著者名永松 義博
松尾 麻衣子
書誌名南九州大学研究報告. A, 自然科学編 = Bulletin of Minamikyushu University. A, Natural science
発行元南九州大学
巻号,ページ42号, p.39-49(2012-04)ISSN1348639X
外部リンク
全文表示PDFファイル (5766KB) 
抄録近年,生活環境の変化に伴い,郷土色豊かな庭園が消失し始めている。本研究は福岡県秋月地方に散在する歴史的庭園の保全に関する現況調査と所有者への意識調査をおこなった。結果は1993年の調査時と比べ,17年間に消失したり,部分的に失われたり,枯山水庭に改修されたりと,何らかの改変があった庭園は19庭園中,17庭園であった。主な理由は水質の悪化や水量減少や住宅の増改築などがあげられた。その他に住人の高齢化や不在により,日常的な手入れが行き届かなくなり,荒廃している庭園も多くみられた。池泉式庭園において水量の不足は水路環境を悪化させ,町並み景観を損ねることにもなる。水源となる水路の保全と水量の確保が今後の課題であることが明らかになった。
索引語庭園;水量;消失;保全;悪化;朝倉市秋月町;歴史的池泉庭園;特性;経年変化;水路
引用文献数9
登録日2013年10月08日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat