数種の農薬がコアオカスミカメに対して示す殺虫活性への温度の影響

数種の農薬がコアオカスミカメに対して示す殺虫活性への温度の影響

レコードナンバー832793論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20010122NACSIS書誌IDAA11818622
著者名Ma Y.
Gao Z.
Dang Z.
Li Y.
Pan W.
書誌名Journal of pesticide science
別誌名日本農薬学会誌. 和文編
日本農薬学会誌
発行元日本農薬学会
巻号,ページ37巻・ 2号, p.135-139(2012-05)ISSN1348589X
全文表示PDFファイル (384KB) 
抄録8種類の汎用されている殺虫剤の3齢のコアオカスミカメ(Apolygus lucorum)に対する殺虫活性を,15~35℃で測定した。ホキシムとカルボスルファンの活性はほとんど温度変化の影響を受けなかったが,メトミルは温度上昇により効果が減少した。β-シペルメトリンとλ-シハロトリンでは温度と活性に逆相関があり,特にβ-シペルメトリンでは,実験した温度条件の中で最大約70倍の差が認められた。一方,イミダクロプリドとアセタミプリドの殺虫活性は,温度上昇に比例して増加し,フィプロニルでは温度の影響に規則性は認められなかった。これらの結果から,殺虫剤を選択する際に気温を考慮すべきことが明らかになった。
索引語コアオカスミカメ;温度;殺虫活性;影響;活性;シペルメトリン;数種;殺虫剤;温度上昇;3齢
引用文献数36
登録日2013年10月08日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat