関東平野北東部の森林流域における渓流水のNO3-濃度分布と東京都心からの距離との関係

関東平野北東部の森林流域における渓流水のNO3-濃度分布と東京都心からの距離との関係

レコードナンバー832815論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20018854NACSIS書誌IDAA12003078
著者名吉永 秀一郎
伊藤 優子
相澤 州平
釣田 竜也
書誌名日本森林学会誌
別誌名日林誌
J. Jpn. For. Soc.
発行元日本森林学会
巻号,ページ94巻・ 2号, p.84-91(2012-04)ISSN13498509
全文表示PDFファイル (833KB) 
抄録関東平野周縁に位置するいくつかの森林流域における渓流水の硝酸イオン(NO3-)濃度が,日本各地の多くの森林流域と比較して特異的に高い傾向を示すことを明らかにするために,茨城県南部において森林流域における渓流水のNO3-濃度分布の特徴と地理的要因について解析した。関東平野周縁に位置する八郷地区(東京都心より65~80km)と都心からより離れた城里地区 (東京都心より100~120km)を比較すると,八郷地区では多くの流域で渓流水のNO3-濃度が通年0.08mmol L-1以上の高い値を示し,城里地区における渓流水のNO3-濃度よりも有意に高い傾向を示した。また,都心からの距離の増加に応じて渓流水のNO3-濃度が減少する傾向が認められた。林外降水による無機態窒素の流入負荷量は両地区間に顕著な差は認められないが,樹冠通過降水による無機態窒素の流入負荷量は,八郷地区では城里地区の2倍以上に達した。このことから東京近郊から移流する窒素化合物の乾性沈着の影響の違いが,両地区の渓流水のNO3-濃度の違いとして現れている可能性が高い。
索引語渓流水;NO3-濃度;森林流域;NO3-濃度分布;都心;無機態窒素;傾向;八郷地区;城里地区;距離
引用文献数31
登録日2013年10月08日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat