漁獲ストレスを受けたゴマサバの短期蓄養によるストレス回復

漁獲ストレスを受けたゴマサバの短期蓄養によるストレス回復

レコードナンバー832850論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20005660NACSIS書誌IDAN00193422
著者名保 聖子
杉田 毅
鶴田 和弘
福田 裕
木村 郁夫
書誌名日本水産學會誌
別誌名Nippon suisan gakkaishi
NSUGAF
日本水産学会誌
発行元日本水産學會
巻号,ページ78巻・ 3号, p.454-460(2012-05)ISSN00215392
全文表示PDFファイル (730KB) 
抄録蓄養サバ流通品を調査した結果,氷蔵9h後でも筋肉のATP濃度は高く維持され高品質を示した。そこで,まき網で漁獲されたゴマサバを短期蓄養した場合の品質に与える影響を検討するため,漁獲ストレスの影響とその回復について検証した。生け簀で20分間の強制運動をさせた後,72h蓄養し,体内代謝変化を測定した。強制運動により血漿コルチゾル濃度や筋肉乳酸濃度は上昇するが,蓄養により低下し,肝臓グリコーゲン濃度も回復した。一方,筋肉ATP濃度は,強制運動直後でも高い値を示し,蓄養による変化は認められなかった。
索引語蓄養;漁獲ストレス;ゴマサバ;短期蓄養;強制運動;影響;回復;氷蔵9h;高品質;変化
引用文献数26
登録日2013年10月08日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat