高知型低コスト木製ガードレールの開発

高知型低コスト木製ガードレールの開発

レコードナンバー832946論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20011498NACSIS書誌IDAA11455992
著者名沖 公友
東 博文
盛田 貴雄
書誌名高知県立森林技術センター研究報告 = Bulletin of Kochi Prefectural Forest Technology Center
別誌名Bulletin of Kochi Prefectural Forestry Technology Research Center
高知県立森林技術センター研究報告
発行元高知県立森林技術センター
巻号,ページ37号, p.1-16(2012-03)ISSN13486004
全文表示PDFファイル (2082KB) 
抄録高知県の道路事情に適応した低コストな「高知型木製防護柵」(構造物用C種規格:設計速度50km/h以下)の開発を行った。本県も開発に参加した国土交通省四国地方整備局の「四国木製防護柵」(構造物用B種規格:設計速度60km/h以上)を基本構造とする、県産スギ材と鋼製プレートからなる複合横梁を採用して、C種規格性能の確保を検討した。結果、「高知型木製防護柵」の構造は、初期段階における木材の曲げ抵抗と鋼製プレートの張力が有効に作用し、変形に対する抵抗力も大きいことがわかった。実車衝突試験についても防護柵設置基準に示されている性能規定を満足している事から、「高知型木製防護柵」は車両用防護柵の基本性能を有している事がわかった。
索引語開発;高知型木製防護柵;鋼製プレート;構造;初期段階;曲げ抵抗;高知型低コスト木製ガードレール;高知県;道路事情;適応
引用文献数5
登録日2013年10月08日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat