蛍光X線分析を用いたカボチャ種子の微量分析および産地判別への応用

蛍光X線分析を用いたカボチャ種子の微量分析および産地判別への応用

レコードナンバー833047論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00012295NACSIS書誌IDAN10467499
著者名今井 晶子
大高 亜生子
中村 哲
門倉 雅史
鈴木 忠直
中井 泉
書誌名日本食品科学工学会誌
別誌名日本食品科学工学会誌
発行元日本食品科学工学会
巻号,ページ59巻・ 7号, p.338-347(2012-07)ISSN1341027X
全文表示PDFファイル (685KB) 
抄録蛍光X線分析による食品中の微量元素の簡易・迅速な分析法の開発を行ったところ,三次元偏光光学系エネルギー分散型蛍光X線分析装置を用いることで以下のように,カボチャ種子の無機元素組成の高感度定量が可能であった。最適化した測定条件で検量線を作成した結果,14元素(P,K,Ca,Mn,Fe,Co,Ni,Cu,Zn,Br,Rb,Sr,Mo,Ba)で直線性の良い検量線が得られた。また各元素の検出限界を算出したところ,重元素ではサブppmレベルの定量が可能であった。そこで,産地判別への応用を試み,カボチャ種子(日本,ニュージーランド,メキシコ,トンガ)計118試料を定量し,産地間で有意な差が見られた元素の定量値を用いて多変量解析を行った結果,4産地を判別する式を構築し,その正答率は70%~80%となった。本研究により,簡便な試料前処理で高感度な定量分析が可能な蛍光X線分析の食品分析における有用性を示すことができた。
索引語蛍光X線分析;カボチャ種子;定量;産地判別;応用;検量線;結果;Ca;Cu;元素
引用文献数18
登録日2013年10月08日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat