植物性食品のニコチアナミン含量とアンジオテンシンI変換酵素阻害活性

植物性食品のニコチアナミン含量とアンジオテンシンI変換酵素阻害活性

レコードナンバー833048論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00012295NACSIS書誌IDAN10467499
著者名伊澤 華子
青柳 康夫
書誌名日本食品科学工学会誌
別誌名日本食品科学工学会誌
発行元日本食品科学工学会
巻号,ページ59巻・ 7号, p.348-353(2012-07)ISSN1341027X
全文表示PDFファイル (443KB) 
抄録植物性食品80種類について,ACE阻害とニコチアナミン量の測定を同時に行い,植物性食品の血圧抑制について検討した。ACE阻害は,イネ科の植物を除く多くの試料で60%以上の強いACE阻害が示された。ニコチアナミン量は,タラノメで74.8mg/乾物100gと最も多く,イネ科を除く多くの試料でニコチアナミンが検出された。科間の比較ではウコギ科はイネ科とユリ科の植物と比較してニコチアナミン量が有意に多いことが示された。アスパラガス,ウルイのように強いACE阻害を示すが,ニコチアナミンを含有していないものも存在していた。しかし,多くの植物性食品のACE阻害の強さにニコチアナミン量が少なからず影響していることが示された。
索引語ACE阻害;植物性食品;ニコチアナミン;ニコチアナミン量;イネ科;植物;試料;比較;ニコチアナミン量が少な;ニコチアナミン含量
引用文献数20
登録日2013年10月08日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat