有害赤潮藻ヘテロカプサの分布域北上現象

有害赤潮藻ヘテロカプサの分布域北上現象

レコードナンバー833053論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20005660NACSIS書誌IDAN00193422
論文副題佐渡島加茂湖での赤潮によるマガキの大量死
著者名近藤 伸一
中尾 令子
岩滝 光儀
坂本 節子
板倉 茂
松山 幸彦
長崎 慶三
書誌名日本水産學會誌
別誌名Nippon suisan gakkaishi
NSUGAF
日本水産学会誌
発行元日本水産學會
巻号,ページ78巻・ 4号, p.719-725(2012-07)ISSN00215392
全文表示PDFファイル (644KB) 
抄録加茂湖は,新潟県佐渡島に位置するマガキ養殖で有名な汽水湖である。2009年秋に初めて,同湖において貝類斃死原因渦鞭毛藻ヘテロカプサによる赤潮が発生し,養殖マガキの大量斃死が起きた(被害1.9億円)。本種の由来および侵入経路は不明だが,大型台風による海水の大規模擾乱が赤潮発生の引き金になったと考えられる。それ以前のヘテロカプサの発生北限は福井県小浜湾であったこと,翌2010年にも再度本種による赤潮が発生したことから,本件は有害藻類分布域の高緯度地域への拡大を示す典型的な事例であるといえる。
索引語赤潮;有害赤潮藻ヘテロカプサ;マガキ;発生;本種;貝類斃死原因渦鞭毛藻ヘテロカプサ;養殖マガキ;ヘテロカプサ;分布域北上現象;佐渡島加茂湖
引用文献数15
登録日2013年10月08日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat