大豆の物理的搾油残渣「大豆圧搾ミール」の特性と食品への利活用(1)

大豆の物理的搾油残渣「大豆圧搾ミール」の特性と食品への利活用(1)

レコードナンバー833151論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20036621NACSIS書誌IDAA12403495
論文副題特性と豆乳,乳酸菌発酵食品への利活用
著者名鬼島 直子
遠藤 修二郎
齋藤 昌義
今野 周
仲野 英秋
下山田 真
木元 広実
書誌名山形県農業研究報告 = Bulletin of Agricultural Research in Yamagata Prefecture
別誌名山形農業研報
Bull. Agri. Res. Yamagata
Yamagata Ken Nogyo Kenkyu Hokoku
発行元山形県農業総合研究センター
巻号,ページ4号, p.1-13(2012-03)ISSN18834655
全文表示PDFファイル (1878KB) 
抄録本研究では,大豆を物理的な圧搾方法で搾油した際の残渣を,脂肪分が減少した低カロリーな食品素材としてとらえ,このものの栄養成分,タンパク質成分の変性度,豆乳に加工した場合の特徴などを明らかにした。なお,研究に際し,大豆の温度を50℃以下に調節しながら物理的圧搾により搾油した残渣を「大豆圧搾ミール」と命名した。また、「大豆圧搾ミール」を活用したプロバイオティクス効果を持つ「大豆圧搾ミール豆乳」を利用した食品の開発をめざして,大豆圧搾ミール豆乳中における乳酸菌の生育や,乳酸の生成,冷蔵時の発酵物中の乳酸菌の生存性,用いた乳酸菌の免疫賦活活性などについて検討した。この結果,大豆圧搾ミール豆乳中で良好に増殖する乳酸菌を選択し,その中から食味が良好な菌株,免疫賦活活性を示した菌株を選抜し,大豆圧搾ミール豆乳を利用した乳酸菌発酵食品(ヨーグルト様食品)の製造が可能であることを明らかにした。
索引語大豆;大豆圧搾ミール;乳酸菌;特性;食品;利活用;豆乳;乳酸菌発酵食品;大豆圧搾ミール豆乳;搾油
引用文献数16
登録日2013年10月08日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat