津波被災農地における暗渠を利用した雨による浸透水除塩

津波被災農地における暗渠を利用した雨による浸透水除塩

レコードナンバー833462論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015000NACSIS書誌IDAN00347581
著者名千葉 克己
冠 秀昭
加藤 徹
書誌名土壌の物理性
別誌名Soil physical conditions and plant growth, Japan
発行元[出版者不明]
巻号,ページ121号, p.29-34(2012-08)ISSN03876012
全文表示PDFファイル (481KB) 
抄録東日本大震災の大津波によって,宮城県では約1万5千haの農地が海水の浸水による塩害を受けた。農地の除塩は大量の真水(灌漑水)を導水し,塩類を大量の水とともに農地外に排出することが基本であり,その実施には排水経路の確保が必要である。しかし,この震災では基幹的な排水施設が壊滅的な被害を受けたため,ほとんどの農地で排水経路が確保できず,灌漑水を利用した除塩ができない状況に陥った。そこで筆者らは宮城県名取市内の津波被災農地において暗渠を利用した自然の雨水による浸透水除塩の効果を検討した。その結果,降雨により暗渠から大量の塩類が圃場外に排出されること,また弾丸暗渠を施工し,地下排水機能を高めることで除塩効果が高まることがわかった。したがって,塩害を受けた農地の復旧には暗渠排水の整備と利用が重要である。
索引語利用;農地;暗渠;灌漑水;大量;津波被災農地;浸透水除塩;除塩;塩害;塩類
引用文献数2
登録日2013年10月08日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat