高吸収植物による放射性セシウム除去の可能性

高吸収植物による放射性セシウム除去の可能性

レコードナンバー833465論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015000NACSIS書誌IDAN00347581
著者名小林 浩幸
高橋 義彦
書誌名土壌の物理性
別誌名Soil physical conditions and plant growth, Japan
発行元[出版者不明]
巻号,ページ121号, p.49-53(2012-08)ISSN03876012
全文表示PDFファイル (498KB) 
抄録2011年3月に発生した東京電力福島第一原子力発電所の事故に伴って生じた汚染土壌にヒマワリ,アマランサスなどの植物を植えて放射性セシウムを吸収させることで除去できるかどうかが緊急に試された。しかし,除去量はごくわずかで,試された品種,条件の範囲では実用化は困難と判断された。一方で,福島市などの一部の水田では当初の想定を大きく上回る放射性セシウム濃度の玄米が収穫されるなど,条件によって植物体への移行量は大きく変化することがわかった。また,高吸収とされている植物種・品種は他にも数多くあり,それらの能力は未検討のままである。植物の吸収による放射性物質除去技術の実用化のためには,土壌からの吸収メカニズムの解明に基づいて,さらなる高吸収種・品種を探索し,適切な栽培条件を明らかにすることが必要である。
索引語品種;吸収;植物;条件;実用化;高吸収;土壌;吸収植物;放射性セシウム除去;可能性
引用文献数30
登録日2013年10月08日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat